水着の人

ケアが大事

ナース

アフターケアの注意点

女性でも男性でも加齢と共に皮膚にできるリスクが高まるのがシミです。特に紫外線対策をまったくしていない人やスキンケアを適当にしている人ほどできるリスクが高まるので注意が必要です。もしもシミができてしまっても、今は皮膚科クリニックに行けば手軽に消せます。レーザーマシンを導入している皮膚科ならシミ治療をしていて、保険適用外ですがまるで最初から無かったように綺麗に消すことができます。しかもレーザーには美肌効果もあるので、コラーゲンが増えて毛穴が目立たなくなり、ツルツルの美肌になる効果も期待できます。とても効果が高く人気のシミ治療ですが、気をつけるべきなのがアフターケアです。レーザーや外用薬治療などで根こそぎ消すことができても、ケアを間違えてしまったり、ちょっと油断したりすると再発するケースが多いからです。治療をした後に気をつけたほうがよいのが紫外線です。レーザー照射をしたあとは肌が乾燥している状態なので、いつもよりも紫外線が浸透しやすく、メラニン色素が生まれやすい環境になっています。レーザーを照射すればだいたいのシミは一回で消えますが、うっかり紫外線を浴びてしまうとまた同じところにメラニンが発生し、シミとなって現れてきます。そうなるとせっかくレーザー治療をしたのが台無しになってしまい、時間とお金の無駄です。治療をして消えたあとも、油断しないように日焼け止めをムラなく塗って、しっかり紫外線を予防することが大切です。塗り薬、つまり外用薬での治療も美白効果が高いので皮膚科で人気です。ただし外用薬は美白化粧品とは違って医薬品なので、使い方を間違えないように注意をする必要があります。皮膚科で美白効果が高い外用薬として処方されるのがハイドロキノンです。ハイドロキノンを塗ると、その部分だけ新陳代謝が活発になり、シミが古い角質と一緒に剥がれ落ちます。塗り始めは赤みがでたり、火傷あとのように皮膚が剥がれたりする症状が出ることがあり、使用中気になるようならクリニックに電話をして指示を仰ぐことが大切です。そのまま自己判断で使い続けると、皮膚の赤みがずっと残ったままになったり、シミが前よりも悪化したりするリスクがあります。また、まったくシミのない健康な肌にハイドロキノンを塗ることで色素沈着ができてしまう危険性があるので、はみ出さないように慎重に塗ることが大切です。このようにシミ治療においては、アフターケアがとても重要だということを理解しておくべきです。