安全に資産を増やすなら投資用ワンルームマンションが吉

管理組合の業務を委託

アパート

委託契約の進め方

マンションの共用部分の管理は、本体は住民が作る管理組合が行うことになっています。ただし、マンションの住民は、非常に多様なライフスタイルの人たちが集まっているので、管理組合の集まりに多くの人を集めて開催することは、現実的には困難な状況にあります。そこで、多くのマンションでは、管理組合の業務について管理会社と委託契約を結んでいます。マンション管理会社に委託することは、管理費として費用がかかるのですが、メリットとして、管理費の出納等の事務から設備保守まで、管理に係る労力や精神的な負担が軽減することが挙げられます。マンション管理会社との契約は、国交省より出されているマンション標準管理委託契約書を参考にして行うと、法律や契約について詳しくない場合でも比較的安全にできます。管理会社に出納業務を委託する場合は、金融機関の口座は管理組合名義にします。また、マンション管理会社との契約期間は安全のため単年契約にして毎年更新する形にします。これにより管理会社が倒産したり、管理業務に不備や不正が起きた場合のリスクを最小に抑えることができます。さらに、管理会社と委託契約内容については、住民である管理組合員全員に周知しておきましょう。これにより、監視する目が増えることになり、契約について着実に行われているか確認するとともに、契約不履行に繋がる行為を早期に発見することができます。マンション管理会社に委託する場合でも、まず、複数の管理業者から見積もり等の情報を収集を行い、直接管理業者と話し合いを行い、希望に合った業者を選びましょう。管理業務を委託する場合も、住民の管理組合が自分たちでできることは自力で行うことで、管理委託費用の削減につながりますので、委託前に十分に検討しましょう。