安全に資産を増やすなら投資用ワンルームマンションが吉

委託契約を利用する

空き部屋

管理業務を負担を軽減

賃貸経営をする時の賃貸管理は管理会社に任せる事もできますし、オーナー自らが行う事もできます。主な管理業務は入居の募集や入居と退去の時の手続きから、入居中の人からのクレーム対応など様々な業務があります。経験や知識のない場合は一人で管理業務を行うのは大変な事ですし、兼業で賃貸経営を行っている場合は時間的に難しいので、賃貸管理を管理会社に任せると良いでしょう。賃貸管理を委託する時の契約には、一般管理契約とサブリース契約があります。一般管理契約は賃貸管理を管理会社に代行してもらい、オーナーは家賃収入から管理委託の手数料を管理会社に支払う形の契約です。一方サブリース契約は管理会社が物件を借り上げて管理して、オーナーには契約時に定められた一定の賃料が管理会社から支払われる形です。そのためサブリース契約では、オーナーは空室率が高くなっても一定の賃料を受け取れるので、空室のリスクがなく安定した収入を得られます。逆に一般管理契約の場合は空室が増えれば、その分オーナーの利益を減るので、リスクはサブリース契約より高くなります。しかし常に入居率を高い水準で保つ事ができた場合は、サブリース契約より一般管理契約の方がオーナーの利益が大きくなります。賃貸管理を管理会社に依頼する時は管理会社によって少しずつ条件が違うので、特定の管理会社だけに相談するのではなく、複数の管理会社に相談してそれぞれの条件を比較して委託する会社を選ぶと良いです。