水着の人

美白治療で必要な医療費

顔を触る人

治療ごとの相場

頑固なシミやそばかすは、美容皮膚科クリニックを受診して消してもらうのが一番確実です。フォトフェイシャルは美肌&美白効果が高い医療用のフォト系美顔器です。顔に特殊なフラッシュを当てるだけで、細かいシミや頑固なそばかすを浮き上がらせて剥がし、撃退することができます。フォトフェイシャルの他にも、ワンランク上のフォトシルクプラスや、高周波(ラジオ波)を搭載したフォトRPなども人気です。フォトRPには顔全体をリフトアップ&タイトニングして、加齢によるしわやたるみをなくすアンチエイジング効果もあります。フォト系の医療用美顔器は、多くの美容皮膚科クリニックで採用しています。フォトフェイシャルは一回1万円前後、フォトシルクプラスは一回2万円前後が施術料金の相場です。フォトRPは顔全体一回あたり3万円〜5万円が目安です。頑固なシミを一回で撃退したい場合は、医療レーザーを照射する照射治療が効果的です。レーザー光線はフォト系の美顔器よりも深層部まで届くので、深いところにあるメラニン色素をやっつけるのに最適です。医療レーザーと一口にいっても様々な種類がありますが、美容皮膚科のシミ消し治療ではシミのメラニン色素に効果がある医療レーザーを使用します。医療レーザー治療の料金は、基本的にシミの大きさによって左右されます。直径が5?以内のシミであれば、3千円〜5千円でレーザー治療ができる美容皮膚科クリニックが多いです。直径5?以上になると8千円近い料金になることもありますが、一回でしっかり消せるので通院が不要でトータルで考えると経済的です。短期間でより高い美肌効果を得たい場合は、フォト系やレーザー系の治療オンリーよりも、ほかの美白治療と併用するのが効果的です。トラネキサム酸などの内服薬を処方してもらえば、飲むだけで体の中から美白ができます。トラネキサム酸は肝斑に効果的な美白内服薬で、一か月分2千円〜3千円で購入できます。塗って美白を目指すハイドロキノンやレチノイン酸などの塗り薬もお勧めです。ハイドロキノンとレチノイン酸はビタミンA誘導体の一種で、ターンオーバーを早め、シミを排出する効果があります。通常はトレチノイン酸を塗ってシミを薄くしたあとに、ハイドロキノンジェルを塗ります。ハイドロキノンとトレチノイン酸は濃度で処方代が違います。5%濃度のハイドロキノンジェルは6グラム2千円ほど、濃度0.2%のトレチノイン酸は4千円ほどで美容皮膚科で処方しています。